72C10作業状況~ヘダース編

前にも書きましたが世間は年度末。陸運局も毎日多くの車や人であふれております。こんな小さなチブファクでも車検6台と言うバタバタした状況も本日ようやく終盤に差し掛かりました。世間の車屋さんで車検6台なんて言ったら鼻で笑われるかと思いますが当店のお預かりしてます車両、すんなり車検通ってくれません...二日に1台と言ったペースで地味に頑張っておりました!

その作業の合間ですがC10の作業も進めていきます。

あれからのC10と言うと工場に車両を入庫してウマに掛けた時から気になってた右バンクのヘダースのシミの原因を探ろうとヘダース外してみました。

 

で...外してビックリ!!

 

もう分かった方いると思いますが、C10は燃料配管が右側のフレーム内側に走ってます。なんとヘダースがその燃料配管に干渉していたのでした。

このC10は燃料ポンプが機械式ですので配管内には常に燃圧がかかっています。その為入庫した時(それよりも前)から常に少量のガソリンが漏れていてその漏れたガソリンが焼けてシミになったのだと思います。

これは普通に危ないです。下手したらチブファク、新聞載ります...

早急に修理していきたいと思います。でもどうしようかな?配管を一から作り直すか。通る位置ごと変えるか。大事な箇所なんでじっくり考えて行きたいと思います。

 

それにしても怖い...あのまま気づかづ納車していたら...ん~恐るべし並行車