OLD SCHOOL!

ファッションの世界でもそうですが昔流行った洋服とかが時代の経過と共に再熱すると言う事は良く聞く話です。

自動車の世界でもそれはあると思います。昔に流行った事が一概にダサい・古いと言った事は決してないと思います。ましてやミニトラック業界において第一次トラッキンブームと呼ばれた80年代中盤~後半に一大ムーブメントを起こしたスタイルは今現在でも大きなインパクトを持ってます。

画像のNISSAN 720もそんな時代を駆け抜けてきた車両です。

現オーナー様の元にきて外装・足回りのリメイクをされたのは2000年代に入ってから。ですがネオンサインや全体のスタイルは当時のままで仕上げる事しか頭になかったそうです。

当時夢中になって「カッコイイTRUCK」像を追っかけてきた人のトラックにはその人のスタイルそのものが繁栄されてます。インターネットも携帯もなかった時代、情報源といったら月1で発売される雑誌のみ。

イベントも今みたいに多くなく年一回開催される遠くのイベントに夢中でエントリーしたそうです。僕ら世代ですら想像できません・・・

「週末になれば駅前や繁華街にダンプベッドやハイドロが入ったのミニトラックが何台も集まってきた。」や「新車が普通に買えたから車両価格も今よりずっと安かった。」などお話しを聞いてるだけで凄い時代だったんだと想像してしまいます。

過去の事をいつまでも惜しんでも何も始まらないですが過去を学習すると言う事は大切な事だと思います。

今20代の若い世代のミニトラッカーがこう言った50代の「ベテラン」から学習して当時のトラッキンに乗る。って言うのもオシャレかもしれませんよ。

今は興味なくてもトラックが好きなら少し興味を持ってみるのもいいかも知れませんよ。そうすれば今まで自分の中に無かった発想やセンスが見つかるかもしれませんよ~

OLD SCHOOL・・・

ストーリーがある。そんな車人生を送りたいですね!