愉快な仲間たちとの作業

決して遊んでる訳ではありません。お客様のD22にフロンティアのベッドを載せる作業をお客様とそのお友達と一緒にやりたいと言う事なのでお手伝いさせて頂きました。

このD22と言うトラック、決して純正はカッコイイと言えないお姿なのですがフロンティアのベットを載せる事で見事なビフォーアフターでございます!

当店は今までD22は2台やってきましたがその度、変貌に驚かされます。

やはりあのボリューミーなボディーはUSの証!いかにJPNベットが不釣り合いか...

でも、でも、皆さん知ってますか?D22とフロンティアは良く似てるだけで全くの別モノです。ベットが奇跡的に載せれるだけでキャビンは違います。

キャビン下からフロントにかけてフレームも違います。

その違いを全て改善して完全なフロンティア化けさせた車両があの有名なD22ですよね。このカラクリを知ってる人間があの車をみると改めて手数の多さに感動を得ます。

でも今回は今回で十分カッコよくなりました!

アメリカからフロンティアのベットを仕入れるだけで大変な事です。このD22のオーナー様は職人さんで仕事で使われる車両です。

「まわりは全員ハイエースですわ。それが嫌なんですよ~」

この気持ちが大切なんですよ!!ほんとに!!

皆さん、個性出して生きていきましょう!!