98tacomaロワード作業

98タコマ レギュラーキャブATお客様車両です。

去年の暮にカリフォルニア州ガーデナの倉庫からここ日本にやってきた極上98です。

このタコマ、仕事で使う為購入したがそのまま使用する事が無く約6年間倉庫で眠っていたそうです。そのおかげで走行は奇跡の9万マイル...

9万マイル、キロに換算すれば約15万キロ。「そんなに走ってるの!?」って思う方は残念ですがアメリカの車両をおススメする事は出来ません。アメリカではアメージング車両なんです。

1998年製の日本車ミニトラックなんて現地では道具です。クタクタになるまで使われますので走行30万マイルが当たり前。

エクセレント!! ローマイル!!なんて歌ってる車両でも16万マイルとかです。

2018年-1998年=20年

平均年間1.5万マイル走る計算で30万マイルで平均(笑)

それが20万マイルだとすれば確かにローマイル。と言う事です。やはり規模が違います...

まあそれだけタコマは壊れない。と言う事です。

 

余談はそれくらいにして本題に戻ります。

今回こちらのタコマ、冬支度をすると同時に少しカスタムと各部メンテナンスやっていきます。

リアの車高を4cmほど下げます。

結構こう言う仕事好きだったりします。面倒くさいんですけどお客さんが喜んでくれたらと思うと頑張れます。

やはり基本はリーフですかね?

昔はエアー組んだ方が早い。と思っていましたが僕も歳をとりましたね(笑)